車を高く売る

車を高く売るためのポイントは、一括査定サイトに登録することだと思います。

 

下記、チェックしてみてくださいね!!

 

アラジンの中古車買取情報

 

 

編集後記
車を売るための報告ありがとう。
次回の報告は全員が集客状況をメールしている状態にしたいところです。直接メールじゃなく、MLに報告のがいいんじゃなか?と優くんと帰り道に話してました。
昨日、3ヶ月前カウントダウン速報書きました。
今日、ミーティングから帰ってきてひとまず、20人以上にはメール送ってみました。なるべく早めにコツコツメール送信やっていこうと思います。

 

6月後半とか今くらいの時期からお盆意外に休みとる人は7〜9月の夏休みの日程組みをはじめてたりします。なかなか仕事では中古車販売店のガリバーとかカーセンサーに行ったりしますけどね。早めに9月12日の日程押さえだけでもしないと、他のイベントが同じ日に被ってるという情報もだいぶ聞きます。
今年は、私もリピーターが来難い状況になっていることと、ガリバーとの日程かぶり大分そっちに去年まで来てくれた人達がとられてしまう感もあるのでどこまで誘えるかわかりません!!
誘った友達にもさらに友達を連れてきてもらったり来れなくっても口コミしてもらう。
知り合った人には、こんなのあるんだけど?と話してみる。など必要かと思います。
よろしくです。

 

--[PR]------------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 憧れの4LDKや共用施設充実マンション    ◇◆◇◆
◆◇◆◇賃貸じゃ難しい?理想の住まい探しは早めの資料請求で先手!◆◇◆◇
◇◆◇◆  これから販売予定のおNewなマンション、即チェック ◇◆◇◆
------------------------------------------------------------------[PR]--

 

おそらく、似たような車種をいくつかピックアップして、そこから絞り込んでいくのではないでしょうか。
しかし、ひとくちに「車種」といっても、年式によって随分印象は違いますよね。
それは、自動車業界では定期的に「マイナーチェンジ」や「フルモデルチェンジ」が行われているからです。
そのため、フルモデルチェンジの前と後とでは、クルマのイメージがまるで変わってしまうということもよくあります。
ヘタすると、同じ名前でも車格まで変わって、以前の面影すらなくなってしまうなんてケースもあるのです。
そんな訳ですから、車種だけではなく、その「年式」も査定には影響を及ぼします。
当然、新しい分、モデルチェンジ後のクルマは査定額もアップします。
逆に、フルモデルチェンジによって、それまで「現行型」であった車は「旧型」になるわけで、査定価値は下がるのが通例です。
しかし、例外的に古いタイプのクルマの方が人気がある場合もあります。
いわゆる「マイナーチェンジ」と呼ばれるものは、おもに営業的な戦略によって行われるので、必ずしも初期型よりも格好良くなるとは限りません。
初期タイプのスタイリングがいくら良くできていたとしても、マイナーチェンジの際には、どこかしらデザイン変更をしなければいけないのです。
そんな事情で無理矢理デザインを変えた結果、「旧型のヘッドライトの方が良かった」なんて言われる場合もあるのです。
こういったケースでは、初期タイプのほうが人気があることもありますね。
また、中には根強い人気を持つ車というのも存在します。

続きを読む≫ 2014/06/22 22:36:22

ダイハツ社を売ろうと思ってはいるんですけど、どうしようかなww

 

さて、中古車の査定を受ける際、一番先に入力すべき情報は「車種」です。
クルマの種類というのは、中古車の価値を決定する上で、最も重要な要素だといえるでしょう。
よほどプレミア価値の付いた絶版車でもない限り、中古車が新車の値段を超えることは絶対にありません。
つまり、車種さえ分かれば、自ずと上限が決まってくるわけです。
その上で、走行距離・コンディション・経年劣化などの要素を加味して、中古車の価格が決定されます。
要するに、中古車価格は、新車価格からの「引き算」で決まるのです。
もし、あなたが車を買うなら、きっと一番最初に「車種」から決めるのではないでしょうか?
勿論、用途やサイズ、排気量で決めるという人もいるでしょうが、どんな人だって自分の趣向、つまり好きなクルマ・嫌いなクルマというのはある筈です。
業務用のトラックを選ぶ時以外はね。

続きを読む≫ 2014/06/22 22:35:22

それでは、一般ユーザーは相場を知ることを諦めるしかないのかというと、必ずしもそうではありません。

 

……もうお分かりですね?
要するに、「一括査定で査定された買取価格には、間違いなく相場表の数字が反映されている」ということなのです。
ですから、一括査定サイトを利用して多くの業者から査定を受け、その価格を平均化することで、自ずと答えは導き出されるでしょう。
しかし、これらはあくまでも中古車の価格を左右する上で、ひとつの「要素」に過ぎません。
前にも述べましたように、「中古車の価格というのは、もっと複雑なもの」なのです。
業界誌に掲載されている「相場」なんて、あくまでも一般的な参考価格でしかありません。
そもそも中古車というものは、新車と違って極めて個体差が大きい商品なのです。
極端に言えば、同一モデルであっても一台一台違うものなのです。
ですから、それらを一括りにして「相場」なんていってもあまり意味はないのです。
実は、実際の中古車の価格を決定する要因は、もっと他にあります。
次のページからは、これらの点について、もっと詳細に研究していきたいと思います。

続きを読む≫ 2014/06/22 22:34:22

なぜなら、「相場表を見せる」ということは即ち、「手の内をさらす」というのと同じだからです。
職務に忠実な買取業者なら、「できるだけ安くクルマを仕入れたい」と考えるでしょう。
たとえば、一般的な買取相場が100万円のクルマなら、90万円とか80万円で買い取りたいと思うのは当然ですよね。
その分、自社の儲けになる訳ですから。
でも、クルマを売却する側の人間が、相場を知ってしまうとどうなるでしょう?
もしもあなたが、自分の愛車の相場価格が100万円であると分かっていたら、絶対に90万円や80万円では売らないでしょう?
つまり、買取業者にとっては、きわめて仕事がやりにくくなるのです。
「知らぬがホトケ」という訳ではないでしょうが、「何も知らない素人」に比べると、「事情を知りすぎた素人」のほうが商談がしにくいのです。
そんな事情もあって、これらの相場表はなかなか表舞台に出てこないのです。

 

実は、相場情報誌なんて読まなくても、「相場を知る」という方法があるのです。
先ほども言ったように、中古車売買に携わっている人間は皆、「相場情報誌」に目を通しています。
ということはつまり、買取業者のほぼ100パーセントが、そこに掲載されている「相場価格」を参考にして査定していると思って間違いないのです。
当然、一括査定サイトに加盟している買取業者も例外ではありません。

続きを読む≫ 2014/06/22 22:33:22

 

いったい、中古車の値段はどうやって決まるのでしょう?
新車ならば、排気量や性能、装備などで自ずと価格が決まってきますが、中古車の場合は必ずしもそうではないようです。
買取交渉の際に「相場」などという言葉が出てきたりしますが、そもそも中古車の価格に相場なんてものが存在するのでしょうか?
そして、どこの誰がそれを決定しているのでしょうか?
気になりますよね?
結論から先に言いますと、車の下取り価格や買取価格には、きちんとした「相場表」があるのです。
そして、一般には知られていませんが、それらの相場表は業界の人間なら誰でも持っているのです。

 

たとえば大手買取店やディーラーなどは、自社で独自の相場表を作成していますが、実は、中古車の「相場情報誌」なるものが販売されていて、それを利用しているところも多いようです。
財団法人日本自動車査定協会が発行する、「査定ガイド」には、ありとあらゆる乗用車のグレードの見分け方が網羅されていますし、中古車小売価格が分かる「シルバーブック」や、中古車卸売価格が分かる「イエローブック」などが定期刊行されています。
これ以外にも「レッドブック」や「ホワイトブック」などの中古車の相場情報誌が発行されており、中古車業界に携わる人間は、これらによって相場価格を把握し、業務に利用しているのです。
この種の相場情報誌は、なにも中古車の査定に使用されるだけではありません。
自動車保険の車両保険や、事故を起こした車の時価を算定する基準にも用いられています。
ただし、これらはあくまでも業界用の情報誌ですので、一般書店では販売されておりません。
そんな訳ですから、普通の人間の目に触れる機会はまずないと思いますが、中古車販売店や、買取店などのスタッフなら、間違いなく携行しているでしょう。
もしかすると、車の査定を依頼した時に、「ちょっと相場表見せてくれませんか?」なんてお願いすれば見せてくれるかも知れませんね。
しかし、「どうぞどうぞ」などと積極的に見せてくれるような業者は少ないでしょう。

続きを読む≫ 2014/06/22 22:31:22